サスティナビリティ

企業理念

基本理念

エムエム建材グループは、建設鋼材及び製鋼原料事業を通じ、安心で豊かな社会の実現と大切な地球環境の維持に貢献します。

経営理念

未来創造
私たちは、高い志と自由闊達な精神で、新たな価値の創造に挑みます。
企業市民
私たちは、自らの責任を果たし、
夢溢れる明るい社会を実現します。
公明正大
私たちは、オープンでフェアな姿勢を守り、健全な企業活動を展開します。

建てるのは、未来

エムエム建材では、事業活動を通じて様々なシーンで循環型社会・低炭素社会の実現に寄与しています。
地球環境の保全に努めつつ、経済活動の調和を図る『持続可能な発展』を目指しています。

サステナビリティ取組みの主要課題

SDGs・ESG・ CSR等、社会及び企業の持続可能性をより高めるための、サステナビリティ活動の骨子となる3つのコンセプト

01 安全・安心

エムエム建材は、安全・安心を経営上の最重要事項とし、社員が心身ともに健康で働くことができる職場環境を整備し、社会に貢献できる次世代の人材を育成しています。また事業を通して、安全で住みやすいまちづくり、安心で豊かな社会の実現に貢献してまいります。

労働慣行・安全衛生

社員が安全・安心に働き、充実したワークライフがおくれるように取り組んでおります。

安全推進施策

グループ全社の無事故無災害を目指し、グループ一体となって安全への取り組みを行っています。

代表的な活動として挙げられるのが、倉庫・鉄鋼センター事業の関係者が一堂に会して開催する「エムエム建材グループ合同安全会議」です。情報共有や意見交換を積極的に行うことで、各社の取り組みの見直しのみならず、グループの横断的な安全改善活動促進に役立てられています。

また、安全改善に顕著な功績があった組織や活動を表彰する「安全表彰」や、エムエム建材グループ全役職員から募集して決定した安全スローガンのポスターを全事業所に掲示するなど、さまざまな取り組みを通して安全活動の促進と安全意識の向上を図っています。


BCP

BCP(事業継続計画/Business Continuity Planning)を導入し、緊急事態や地震・風水害等の危機的状況下に置かれた場合に備え、日頃から準備や訓練を実施しています。
大規模地震や津波の際には、自動的に安否確認システム(LifeMail)が発動し、役職員の安否がリアルタイムで確認することができます。
また、事務所内にAED(自動体外式除細動器)を設置しており、資格者による心肺蘇生法とAEDによる救急救命訓練を定期的に行なっています。

勤務制度

リフレッシュ休暇制度や時間単位での有給休暇取得等、社員が働きやすい環境づくりとワークライフバランスの実現を目指して積極的な取り組みを行っています。また、社会情勢にも柔軟に対応する為、在宅勤務・時差勤務をトライアルとして導入。時差勤務では、出社時間・退社時間が異なる5つの勤務パターンの中から各自が勤務状況に合わせて1日ごとに選択することが可能です。

人材育成

各種教育制度を整備し、能力を発揮できる環境づくりに努めています。

研修制度

社員一人ひとりの成長を応援するさまざまな研修を継続的に用意しています。新卒入社後に行われる導入研修や、昇進昇格時の階層別研修のほか、自らメニューを選択して受講できるオンライン研修、英会話スクールなどの受講も可能です。また新しい取り組みに挑戦した社員や組織を表彰する「MMK Group Award制度」があり、チャレンジする社員をバックアップします。

安全運転講習

営業活動や通勤で車両を運転する職員を中心に、専門の講師を招いて「安全運転講習会」を毎年実施しています。

道路交通法の基本や改正点、事故を防止するための注意点や車両運転時の注意点、運転者が負う4つの責任(刑事責任、民事責任、行政責任、社会的責任)などについて、図や映像を用いて詳しく丁寧な解説を受けることができます。

最近のドライブレコーダーの普及で実際に起こった事故映像も講習の資料として取り入れることが可能になり、運転者にとって「事故の怖さ・安全運転の重要性」を学べる良い機会となっています。

コミュニケーション

様々なツールを活用し、経営層と社員間・グループ会社間のコミュニケーションの深化を図っています。

厚生部・社内報

社員の健康や教養の向上、ならびにスポーツや趣味を通して社員の相互親睦を図る目的で、社内部活動である「厚生部」の活動が本社・支社それぞれにあり、現在は野球部、フットサル部、バスケットボール部、フラワーアレンジメント部が活動中です。普段接点がない社員同士でも、同じ趣味を通じて新たなコミュニケーションの輪が生まれています。
またインターナルコミュケーションツールとして、社内報「MM magazine」を発行しています。社内報は、紙版だけではなく、WEB版も発行し、グループ会社を含めた全社員がいつでも閲覧することができます。紙版ではゲストを招いた座談会企画や他社への取材企画、WEB版では動画企画、海外勤務者との連携企画等、それぞれのツールの良さを活かした企画を盛り込んでおり、毎号読み応えのある内容です。

02 地球環境

エムエム建材では、循環資源サプライチェーンを整備する私たちの事業活動を通じて、地球環境の保全と改善に努め、持続的な社会の実現を目指してまいります。また鉄スクラップをはじめとする大切な資源を取り扱う企業として、社会的共有価値と産業の課題解決に向けて、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を目指し、尽力しています。

SDGs

製鋼原料・環境リサイクル事業

鉄から広がるリサイクルの真ん中にいます。

鉄スクラップを原料として作られる鉄は、鉄鉱石・原料炭を原料とする鉄と比べて製造時におけるCO2排出量を約75%削減する効果があるとされ、我が国でも更なる需要と普及が見込まれています。エムエム建材の役目は、この鉄スクラップの発生から加工・納入までのコーディネートや国内鋼鉄メーカーへの安定供給を行うことです。

都市の再開発や物流施設など、大型建築のプロジェクトには計画段階から関与し、建材製品の手配・納入のみならず、建屋解体により発生する廃材や残置物を可能な限り再資源化。エムエム建材は、鉄やステンレスをはじめ多岐にわたる素材リサイクルのトップランナーを目指し、事業活動を続けています。

廃プラスチックリサイクル促進

廃プラスチック類には数多くの品種があり、また単一品種からでなければリサイクルしにくいのが実態です。エムエム建材では、さまざまな事情により分別できない廃プラ類の再資源化手段の一つ「RPF」(固形燃料)を、製紙・化学・セメントメーカーで利活用する施策を支援。将来的には、RPFとその原料の取り扱いを目指しています。
近年では、廃プラ分を含む加工ダストを活用し、プラスチック原料となる素材を精製する先進的な「油化技術」の開発に着手。事業化に向けて、自動車メーカーや化学メーカーと共同で取り組んでいます。

クリーンエネルギーを支える

エムエム建材では、クリーンエネルギーを支えるために様々な取り組みを行っています。

カーボンニュートラルを目指したエネルギー源として、注目されている風力発電。その特性ゆえに耐用寿命が短く、解体廃棄物のリサイクルも困難とされていますが、再資源処理・廃棄物削減の実現を目指し取組みを始めています。太陽光発電パネルについても取り換えられ、廃棄されるPVから有価金属を取り出し無害化する等新たなビジネスに繋げる取り組みを行っています。また、電気自動車リチウムイオン電池(LIB)が国内で販売されてから10年以上が経過しましたが、エムエム建材が提案した寿命や事故廃車などで廃棄されるLIBの回収物流構築提案が業界団体に採用されました。金属鉱山会社や資源リサイクル企業などと協力し、廃棄されるLIBから希少金属を回収して再資源化につなげる実証開発にも取り組んでいます。

環境ISO活動

鉄資源の循環型ビジネスを行なっているエムエム建材は、事業活動そのものが環境ISO活動(国際標準化機構によるISO14001/International Organization for Standardization)と連動しています。さらなるISO活動の一環として、ペットボトルキャップのリサイクルや使用済み切手の収集により、森の植林やポリオワクチン配布に貢献するボランティア活動も積極的に行なっています。

01 コーポレートガバナンス

エムエム建材では、意思決定の透明性を高めるとともに、持続可能な成長に向けた戦略の立案・実行及びその適切な監督を充実させた経営体制を構築しています。

ガバナンス体制

エムエム建材のコーポレート・ガバナンス

ガバナンス体制
機関設計:監査役設置会社
取 締 役:6名
監 査 役:2名

コンプライアンス

企業理念に基づき、法令遵守はもとより、健全かつ適切な事業活動を継続していくための体制づくりに取り組んでいます。社長に対する諮問機関としてコンプライアンス委員会を組成し、コンプライアンス等に関して、適切な指示・指導、モニタリングを実施。役職員一人ひとりが、社会通念に照らした適切な行動の徹底、コンプライアンスを最優先とした事業活動を実践しています。

エムエム建材株式会社コンプライアンス体制図